TOP > 九平次レストラン > レシピ

香り野菜とささ身のマスタード風味和え

レシピby 九平次シェフ

吟醸酒粕の風味を生かした和え物です。
一度加熱することで、アルコールの心配もなく野菜といっしょに豊かな風味を楽しんでいただけます。  

材 料(写真の分量です)

鶏ささ身  
2本  
人参  
1/2本  
春菊  
10本ほど  
えのき  
1パック  
純米酒粕調味料  
300gほど  
粒マスタード  
20gほど  
柚子ポン酢  
少々  

作り方

1

ささ身を純米酒粕調味料で包み、レンジで3分間ほど加熱します。  

ささ身にあるスジを取り除き、純米酒粕調味料を塗ったラップで包んで、加熱します。  

2

野菜を切ります。  

人参はマッチ棒くらい、えのきは半分の長さに霧ほぐしておきます。
春菊は茎を除いて、葉だけを人参と同じ長さにします。  

3

野菜をゆがきます。  

たっぷりの沸騰したお湯で材料ごとゆがきます。
色よく仕上げるために、冷水ですぐに冷やします。

4

純米酒粕調味料ごとささ身をほぐして、マスタードで和えます。  

あら熱がとれたささ身をラップから出して、ほぐしながらマスタードで和えます。  

5

野菜の水気を絞り、ポン酢で和えます。  

ザルにあげて、手で搾る際に少量の醤油をかけながら搾ることで、水っぽくなるのを防ぎます。  

6

盛り付けて完成です。  

  

商品についてのお問い合わせはこちらから