TOP > 九平次レストラン > レシピ

衣に技あり カキフライ

レシピby 九平次シェフ

小さな粒のカキでも立派なごちそうになります。
パン粉とカキをつなぐ「バッター液」に一工夫してみました。

材 料カキフライ7〜8個分

・ロケット入りカキ(小粒でもOK!)
1P
・純米酒粕調味料  
40g
・薄力粉 
40g  
・パン粉  
適量  
・水  
50〜60cc  
・片栗粉
大さじ2杯  

作り方

1

カキをざるにあけて片栗粉をまぶし汚れを洗います。

やさしく洗い、何度も水をかえながらボールの中でゆすぎます。その後ザルで水をきっておきます。  

2

ボールに薄力粉と酒粕調味料を入れて、少量ずつ水を加えながらあわだてでしっかり混ぜていきます。  

これを「バッター液」といいます。あまりゆるくしすぎないことがポイントです。 

3

カキの水気をしっかり拭き取ります。  

揚げたときに、バラバラにならないための工夫です。ラップをせずに少し冷蔵庫で乾かすとさらに良いです。 

4

小さいカキなら3個まとめてひとつのフライにします。 バッター液をたっぷりからめてパン粉をつければ揚げているとき破裂しません。 

クリームコロッケを作っているような感じになります。  

5

180℃の油で揚げていきます。  

油の量は多めの方が失敗せずにカラッと揚がります。  

6

あつあつをお召し上がりください。
レモンと塩がオススメです。  

  

商品についてのお問い合わせはこちらから