TOP > 九平次レストラン > レシピ

熟成豚肩ロース焼

レシピby 九平次シェフ

九平次レストランのイチ推しメニュー
厚切り肉を熟成させて焼くだけで、 本格的な一皿に仕上がります。

材 料(写真の肉で2人前)

・厚切豚肩ロース
250g
・牛蒡
1/3本
・万願寺とうがらし
3本
・にんにく
1片
・純米酒粕調味料
100g

作り方

1

肉の表面をよく拭いて全面に軽く塩を振り、15分くらい待ちます。

このくらいの厚さの場合は軽く塩を振っていただいた方が美味しく召し上がれます。

2

純米酒粕調味料をラップに広げてお肉をくるみます。このまま2日間待ちます。

ヘラなどを使い、ラップに塗り広げて空気が入らないように全面をペーストで包みます。
熟成は冷蔵庫にてお願いします。

3

ペーストを拭いて魚焼きグリルの弱火でじっくり焼いていきます。

あらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。
この時、ペーストは洗い流さずにヘラなどで取り除き、ペーパータオルなどでふき取ります。

4

牛蒡と万願寺とうがらしを切り、下味をつけておきます。

醤油・酒を同量で混ぜたものににんにくスライスを入れて、切った牛蒡と万願寺とうがらしを漬けて下味をつけます。

5

グリルの空いたスペースで牛蒡もじっくり焼いてください。

牛蒡は少し焦げるくらいまで焼くと香りが出てきます。
豚肉がこげるようならアルミホイルを被せます。

6

グリルから下ろして休ませてから切り出します。

アルミホイルでくるんで保温しながら10分ほど休ませます。この間に、万願寺とうがらしを強火のグリルで焼いていきます。

7

盛り付けして完成です。

お皿はあらかじめ温めておきます。お肉は切って少しするときれいな桜色になります。
お好みでマスタードを添えてお召し上がりください。

商品についてのお問い合わせはこちらから