火と月の間に

TASTING NOTE     火と月の間に 山田錦

日本酒には、お酒を温めて飲む「燗」というスタイルがあります。
アルコール飲料の中で、これほど幅広い温度帯で楽しめるのは日本酒しかありません。

温度帯が変わることで、異なった表情を見せる燗酒は、一定のコメントで現すのが困難でもあります。

お好みの温度とその味わいを、是非ご自身でお探しください。