協田

牡蠣

生牡蠣よりも、旨みや風味が濃厚な焼き牡蠣。
雄町らしいお米の旨み・力強い野性味のある協田なら、牡蠣のもつミルキーさと旨みを増幅させます。

あたたかいソースとも相性のいいエレガントな酸も、協田の魅力でしょう。 
最後にくる柑橘の皮のような苦味が、口の中をリフレッシュするため、
牡蠣のクリーミーなテクスチャーとバランスがよく、長く楽しむことができます。 

チーズ

チーズは日本酒と同じ発酵食品であり、相性がいいものが多いので、ぜひ合わせてほしい一品です。

少し塩味のあるカマンベールチーズは、協田のさわやかな酸によりまろやかになります。
また、コクと軽い苦味のあるミモレットは、柑橘のような苦味と、ふくよかな旨みを持つ協田と合わせれば、
触感も含めて楽しむことができます。