human

ハモの炙り、梅肉と紫蘇のスープ

商品ページへ戻る

  

ハモと梅肉という定番の組み合わせを、フレンチで仕立てた一皿です。
ハモは淡白そうに見えて、意外と旨味と脂を持っています。

夏ならではの食材ですので、爽やかなタイプのお酒を合わせるのはもちろんいいでしょう。

ただ、爽やかなだけでなく、芳醇な香りとミネラル感のあるお酒なら、さらにハモの旨味が感じられるはずです。

イカの印籠づめ

商品ページへ戻る

  

小イカにシャリを詰めた、伝統的な江戸前のお鮨ですが、味わえるお店も少なくなっているようです。

何と言っても、プリッとして、スッと歯が入り、つるっとした小イカの滑らかさがたまりません。
この食感を損なわないためにも、つるりと上品な human がぴったりです。

またツメの甘さ、シャリに混ぜられたゴマの香りともよくマッチします。
お鮨と、お酒の食感が合ったときの美味しさは格別です。

ムール貝の酒蒸し

商品ページへ戻る

  

ムール貝の楽しみは、濃厚な海のスープを味わえることです。
これに酒を合わせるには少し注意が必要です。

軽快なだけの酒ではもの足りませんし、重厚すぎればただ重いだけの食事になりがちです。
ムールの酒蒸しは、生クリームやバターを加えることで更にコクが増します。
これには、なめらかなアタックで、酸も豊かなhumanがよく合います。
フレッシュで、余韻に残る酸がきれいなため、いつまでも上品にムールの旨みを楽しめます。