黒田庄に生まれて、

カワハギ

  

身を食べるなら夏、肝をとるなら冬といわれるカワハギ。
しかしやはり何と言っても、肝と一緒に食べる冬のカワハギが王道です。

薄造りにした身に濃厚な肝をソースにすれば、滑らかな食感と上品な味わいの白身に、ソースがねっとりとからみつきます。

肝の余韻が微かに残るところに、「黒田庄に生まれて、」を一口飲み込んでみてください。
繊細でシャープな味わいが肝の余韻と調和してくれます。

最後にはお酒の柑橘のような余韻に移り変わりますが、香りの移り変わり、ハーモニーを存分に楽しめるはずです。

ミル貝の握り

  

ミル貝は海の香りと歯応え、そしてミルキーな甘みを味わえます。
そのどれもを壊さないようにするには、案外難しいかもしれません。

香りや甘みのボリュームが大きすぎると、貝の生臭さを引き出してしまいます。
それよりも、爽快なフルーティーさと、ほのかな甘みや苦味といった、繊細なお酒がよく合います。
「黒田庄に生まれて、」ならその点申し分ありません。

お酒のミネラル感が、繊細なミル貝の甘みを引き立ててくれます。

生牡蠣

  

コハク酸を豊富に持つ日本酒は、もともと貝類との相性は抜群。

特に強いミネラルを持つ小ぶりの牡蠣には、同じくミネラルの凝縮感が強い「黒田庄に生まれて、」が好相性です。
フレッシュで、キリッとした酸を持ちますが、同時に粘度もあるため、牡蠣の旨みを増してくれます。