純米大吟醸 雄町

サザエとその肝を使ったソース

商品ページへ戻る

  

サザエは何と言っても肝のほろ苦さが魅力です。

一口にサザエと言っても、苦味の強い部分、磯の香りの強い部分などまちまちで、真にお酒を合わせるのは難しい食材かもしれません。
そうなってくると、合わせたくなるのはやはり雄町。

雄町の力強さなら、肝の香り、苦味、磯の香りと移り変わる、強い海の風味に負けることは決してありません。
力強いミネラルが口の中を統一し、いつでもバランスを保ってくれます。

コハダの握り

商品ページへ戻る

  

お鮨とお酒をあわせる時、酸味が強すぎるドライなお酒は合わせづらいかもしれません。
少し甘味があったほうが、シャリに合わせやすいためです。

しかし、コハダなどの光ものには適度な酸味があったほうがいいでしょう。
雄町が持つ酸味は、コハダに施された、きりっとした仕事を引き立ててくれます。

なおかつ、シャリの甘酸っぱさとも共通するので、後口に広がる、ネタとシャリの甘みをも引き立ててくれます。

鹿のロースト シナモン風味の紫キャベツを添えて

商品ページへ戻る

  

ジビエにあわせるには、酒にも強さが求められます。
日本酒の品種で言えば、それは雄町をおいてほかにはないでしょう。
雄町から生まれるしなやかな力強さは、ジビエのテクスチャーとよくあいます。

今回は付け合わせに少しシナモンを加えましたが、酒の甘みと、エキゾチックさを増幅してくれます。